ジャコウネコのコーヒー「コピ・ルアク」

コピ・ルアク というコーヒーをご存じですか?聞いたことがあるという方もいらっしゃると思いますが、コピ・ルアクとはインドネシアのジャコウネコのコーヒーです。

※ コピ=コーヒー、ルアク=ジャコウネコ(現地の言葉)

ジャコウネコとコーヒー豆

初めて聞いた方は、ジャコウネコのコーヒーって何?と思われるかもしれません。
実はコピ・ルアクは、ジャコウネコの糞に混ざって排泄されたコーヒー豆を使っています。

コピ・ルアク

ジャコウネコは、コーヒーの木に登ってコーヒー豆を食べます。良質のコーヒー豆を本能的に選んで食べているそうです。ジャコウネコの体内で消化酵素の働きなどにより香り高いコーヒーになります。

木に登るジャコウネコ

コピ・ルアクは、とても希少なコーヒー豆

ジャコウネコのコーヒーはとても貴重です。通常のコーヒーは、大農園でコーヒーを育て機械化による大量生産が可能ですが、コピ・ルアクは大量生産ができません。

ジャコウネコの排泄物を探し出し、その中からコーヒー豆だけを選別し、きれいに洗浄した後、しっかりと乾燥させ、焙煎するといった手間がかかるためです。

農園のスタッフ

稀有な香りと深いコク

手間暇かけて作るコピ・ルアクは、高価なコーヒーですが、普通のコーヒーにはない稀有な香りと深いコクは格別です。

コーヒーの香りを楽しむ女性

その香りは、シャネル5番にも使用されている香り! コピ・ルアクは、まさに香水の匂いを楽しむようなコーヒーなのです。

香りを存分に堪能するために、現地ではフィルターを使わずパウダー状にしたコーヒー粉に直接お湯を注いで飲む習慣もあります。

コピ・ルアクは、ゆっくりとした時間がとれる時に、少しずつ香りを楽しみながら飲むと最高の贅沢を味わえます。

Kadatuan Koffie の加工法

私たちは、太陽エネルギーという伝統的なプロセスでコーヒーの水分を減らし、コーヒーを加工しています。
私たちの方法は、4つのプロセスで構成されています。

1.湿式加工(洗浄されたコーヒー)
2.湿式加工(半洗浄のコーヒー)
3.ドライ加工(ナチュラルコーヒー)
4.ドライ加工(ナチュラルハニーコーヒー)

コーヒーのメリット

脳の栄養
200mgのカフェインを摂取すると安定した記憶(脳の記憶)を維持し、目を健康に保つことができるといわれています。1日に4カップ、週に28カップが目安です。

 

抗糖尿病薬
コーヒーを飲むと、糖尿病を最大50%減らすことができるといわれています。 カフェイン酸とクロロゲン酸がヒト膵島アミロイドポリペプチド(HIAPP)の形成を抑制するためです。

イダマン重量
コーヒーは、ブラックで飲むことが世界でも人気の飲み方です。クリーマーと砂糖を使わないブラックコーヒーは、体重を減らす効果も期待できます。

抗酸化剤
コーヒーに含まれる抗酸化物質(クロロゲミック酸)は、緑内障による網膜の老化、肝臓と心臓の細胞への損傷、パーキンソン病、肝臓癌などの予防効果が期待できます。

インドネシア(バンドン)のコーヒーショップ

バンドンのコーヒーショップ1
バンドンのコーヒーショップ2
バンドンのコーヒーショップ3
バンドンのコーヒーショップ4
PAGE TOP